フード

とうもろこし ゆでで方と時間!美味しい簡単レシピ

甘くて美味しいとうもろこしはゆでたり、蒸したりレンジでチンしたり色々の方法があります。ゆで過ぎると旨味成分がぬけてしまったり、美味しく出来上がっても時間が経つとしわしわになったり、今回は時間の目安と簡単美味しいレシピをご紹介します。

6~9月ごろが食べ頃のとうもろこしは色々な調理方法がありますがどの方法でも美味しく仕上がります♪ その日のタイミングや時間の都合で色々ためしてみてくださいね。

とうもろこしゆで方

皮付きのとうもろこしをそのままレンジでチン!

新鮮な皮付きのとうもろこしが手に入ったらぜひ皮ままレンジをお試しください。 とうもろこしの旨味成分、栄養素を逃すことなく簡単手軽に調理できます。 耐熱皿にとうもろこしをのせ、ラップをせずにレンジで加熱すると出来上がり! 1本の時のレンジ時間の目安・500~600W−6分 700W・1000W-5分を目安にしてください。 2本の時は1〜2分長くしてください。

出来上がったとうもろこしの付け根から1〜2cmを切り落とし、ヒゲを持ちながら下に向けるとするっととうもろこしが出てきます。旨味凝縮の甘まいとうもろこしが簡単で美味しくできるので時間のない時にも手軽にできます。

ジューシーになるとうもろこしのゆで方としわしわになるのを防ぐ方法

皮をきれいに剥き、ヒゲもきれいに取る。大きめの鍋に水を入れとうもろこしがひたひの状態にしてください。浮いてくる場合は落し蓋でしずめてください。水からゆでて沸騰したら3~5分茹で上げる。 水からゆでることで、とうもろこしの粒に水分が蓄えられるジューシーに仕上がります。

時間が経ったら塩水につけてゆっくり冷まします。(水1Lに対して塩大さじ2くらい)塩水につけることでしわしわになるのを防げます。ジューシーな味わいが堪能できる調理法です。

皮が付いてないとうもろこしをレンジでチン!

皮なしとうもろこしを水で洗い、そこに塩ひとつまみを擦りこむ。ラップでそのとうもろこし全体を包み500W−5分ほど加熱する、粗熱が取れるまでラップのまま冷ますと旨味とうもろこしの出来上がりです。

しわしわにならないとうもろこしの蒸し方! とうもろこしは一番内側の皮を残して剥くようにしてください。蒸し器に入れて7分蒸します、蒸しあがったら塩水にくぐらせざるにとり冷まして出来上がりです。塩水にくぐらせることで、ざるにとった時にしわしわになるのを防ぎ、プリプリした粒に甘みたっぷりのとうもろこしがいただけます。

とうもろこし簡単レシピ

★簡単美味しいとうもろこしチヂミ★

  • 小麦粉大さじ5・水大さじ3・とうもろこし適量・めんつゆ・塩・ごま油
  • ①小麦粉と水をボウルで混ぜ合わせる。
  • ①にとうもろこしを適量入れめんつゆを少々、塩ひとつまみ入れ混ぜ合わせ、チヂミのタネを作ります。ホットケーキのタネより固めな感じにしてください。
  • フライパンにごま油を多めに引き、平らにととのえたチヂミのタネをこんがり焼いて出来上がりです。

甘みと食感が子供にも大人気のとうもろこしチヂミはお酒のおつまみにも最適です♪

最後までお読みいただきましてありがとうございました。