フード

卵 レシピ 人気メニューと料理のポイント!

焼いても、茹でても、炒めても、生でも美味しい卵。様々な食べ方を楽しむことができますね!完全栄養食と言われタンパク質・ビタミンを含み、カリウムやカルシウムといったミネラルもバランスよく含まれている。

卵について

卵1個のカロリーは?ダイエットにも良いの?

卵1個のカロリーは約84kcal、意外とカロリーが高いと思われたのではないでしょうか、カロリーもありますが栄養価も高いので最近は、朝食を茹で卵に置き換えるなどのダイエットもあり、食べ方によっては低カロリー高栄養価で手軽に使えるので特に女性の方々に朝食の茹で卵は人気のメニューでもあります。

ワンポイント!ゆで卵の皮をきれいにむく方法

冷蔵庫から出し、常温にして茹でるときれいに皮がむけると言われていますが、常温に戻す時間がなかなか取れなかったり、急いでる時などはどうしても冷蔵庫から取り出してすぐに茹でて、きれいにむけず、お料理に使えなくなったりしたことはありませんか?この方法で茹でると常温に戻さず、冷蔵庫からそのまま茹でてもきれいに皮がむけます!茹でる前に小スプーンの裏で卵の先に少しヒビを入れてください。尖った方と丸みのある方の両方を数回づつ試しててみましたが、どちらもきれいにむけました。ただ尖った方だとヒビが入りやすく割れてしまうこともありますので丸みのある方に少し日々を入れていつものように茹でるだけでストレスなくきれいなゆで卵が出来上がります。

鉄分も多く含む卵

栄養価の高い卵は、ミネラルと鉄分も多く含まれています。吸収率が高いと言われていることで貧血予防・血行促進の期待もできます。また生卵と加熱した卵の栄養価は熱に弱いビタミン・たんぱく質などの減少が多少ありますが、栄養価のおいては大きな差はないので扱いやすく栄養の取りやすい食材ということになります。

卵簡単レシピ

簡単めんつゆトロトロ親子丼!

しっかり味がついてトロトロ丼は鳥肉でも豚肉でも牛肉でも作り方は同じで、それぞれのお肉によってちがった美味しい丼ができます。作り方はとても簡単!一人前の量で、少量の出し汁でお好みの肉を入れ、お酒・みりん大さじ1づつ入れ、めんつゆ大さじ2も入れて肉ができるまで煮込む。肉ができたら溶き卵を回し入れ、溶きカタクリを入れて混ぜとろみがついたらごはんにかけて出来上がり♪

味付けが同じでもお肉によってそれぞれの味わいになります。

卵と相性の良いマヨネーズの使い方!

  • だし巻き卵を焼く時にマヨネーズを入れるとまろやかなだし巻き卵ができます。
  • 目玉焼きを焼く時にマヨネーズを油代わりに引いて焼きます、香ばしい目玉焼きになります。
  • 卵焼きに、マヨネーズとたらこを混ぜ合わせたたらもソースをかけるとご飯がすすむ一品に!
  • ゆで卵にはしょう油マヨネーズをつけておつまみに

いかがでしたか?手軽にアレンジできる卵料理は簡単で美味しくいただけます。ぜひ色々お試しくださいね♪

最後までお読みいただきありがとうございました。