フード

山芋 レシピと栄養満点の食べ方

粘りのある独特の食感をもつ山芋は、生で食べられる芋として世界でも珍しい芋。消化酵素のアミラーゼを含んでおり、でんぷんが分解されるので胃腸にやさしくもたれません。食べやすく栄養価の高い野菜です。 生のままシャキシャキの食感を楽しんだり、加熱すればホクホクになりやわらかくなります、すりおろした粘り気のある山芋は、どの食材にも合い色々な料理に使えます。 

山芋と長芋はなにがちがうの?

山芋は「ヤマノイモ科」に属する芋類で、長芋もこのヤマノイモ科に含まれます。他にいちょう芋やつくね芋といった種類の物は「山芋(大和芋)」と呼ばれています。山芋も長芋も、栄養価に大きな違いはなく、特徴的な違いは、粘りの強さと味わい。山芋は粘りが強く甘みがあり、長芋は水分が多く、粘り気は少なめであっさりした味です。どちらも体内の水分バランスを整えるカリウムと、ぬめりが胃粘膜を守る成分を含んでいるので体に良い野菜として知られています。

山芋の選び方

カットされて売られている場合は切り口に変色がなく、白くみずみずしいものを選びましょう。1本売りの場合は表面に傷や斑点がなくきれいなもの、皮にハリがあるのが新鮮です。ひげ根やひげ根の跡が多いものの方が、粘りが強いといわれています。また、山芋は乾燥に弱いので、おがくずに入ったものや、真空包装で売られているものがおすすめです。

料理の前にはアク抜きを! 山芋は皮の下にアクがあるので食べる時には必ずアク抜きをしましょう。アク抜きをすることで変色を防ぐだけではなく、ぬめりによるかゆみも防ぐことができます

  • 山芋の皮を厚めにむく
  • 山芋がかぶるくらいの水に酢を大さじ1入れる
  • 10分ほどつけて水洗いしてから調理しましょう

栄養満点!ねばねば丼

材料:オクラ茹でた物・納豆・すりおろし長芋・わさび・めんつゆ・味付きざみ海苔・お好みで玉子・ねぎ オクラはさっと茹でて細かく切る。納豆は粘り気がでて白くなるまで混ぜる。すりおろした長芋にオクラ、納豆を入れてよく混ぜる。ご飯にまぜた長芋をたっぷりかけて、お好みで玉子を割り入れ、味付けきざみのりをたっぷりふりかける。わさび少々とめんつゆ大さじ1.5をとき合わせかけて出来上がりです。

長芋ガーリックソテー

長芋は1.5cmほどの厚さの輪切りにする。フライパンにサラダ油をひき輪切りの長芋を焼く。透明な色になり焼けてきたらバター・すりおろしにんにく・しょう油を入れて、こんがり色づくまで焼いたら出来上がり。

長芋キムチ

フライパンにごま油を多めに入れ、乱切りした長芋を炒める。長芋が透明な色になったら市販で売っている好みのキムチを1パック入れさらに炒める。しょう油少々で味を整え出来上がりです。暑い日の食欲がおちた時に是非試してみてください、ご飯がすすみます。

★めんつゆには長芋!★ そうめん・ざるそば・ざるうどんなど麺つゆをつけて食べる時にお試しください。つけ麺汁にゴマ・天かす・かつお節・ねぎを入れ、そこにすりおろし長芋を入れ麺をつけて召し上がってください。ついつい食べ過ぎてしまうくらい美味しいです♪

いかがでしたか?簡単で食のすすむメニューをご紹介しました、ぜひお試しくださいね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。