芸能

長澤まさみは食事で体型維持!スタイルキープの最新ダイエット法まとめ

国民的人気女優の長澤まさみさんは、スタイルの良さでも知られています。

実は太りやすい体質という長澤まさみさん。

どのように抜群のスタイルをキープしているのかダイエット方法をまとめました。

長澤まさみは食事で体型維持

長澤まさみさんは太りやすい体質のため、時に少しふっくら見える時もあります。

身長が168cm、体重とスリーサイズは公開されていませんが、

うわさでは体重43kg、スリーサイズ83-57-82cmといわれています。

ちょっとした油断で太ってしまうので、スタイル維持のために日頃から意識

した生活をされています。

●食事方法(制限しない・半グルテンフリー)
●体を温める(白湯、シナモン摂取)
●鏡で体をチェックする
●適度な運動(ピラティス・ストレッチ)

長澤まさみ、食事のこだわり

食事制限となると、食べられないストレスで断念してしまうことが多くなかなか続きません。

長澤まさみさんは食事を制限してしまうのではなく、自炊をすることで食事の中で摂取するものを把握し、その中で余分な物を控えることにしました。

自炊をスタートし、小麦粉をカット、塩分を控えるようにし、脂肪、およびカロリーを含んだ食材を避けるようにします。

塩分を控えてどのようにしたら美味しい物が作れるのか考えるのも楽しかったようです。

また独自のスタイルとして「朝昼はしっかり食べ、夜は少なめに食べる」という生活を実践されています。

長澤まさみが塩分を控える理由

一般的にも塩分の摂りすぎはよくないと言われています。

塩分を取りすぎてしまうと何故いけないのでしょうか。

塩分を摂りすぎると、血中濃度の濃くなってしまい、薄くしようと血中の水分を増やそうと身体は働き始めます。

そして水分が増えすぎてしまうことが原因で、毛細血管から水分が溢れ出し、足元に溜まってしまいます。

これがいわゆる「むくみ」です。

塩分を控えることで、手足が太くなる原因のむくみ予防になるんです。

長澤まさみさんは、撮影がある時など、太ったわけじゃないのに「むくみ」でふっくらと写ってしまうことを避けるためにも、塩分控えめで健康的な食事を取ることを心がけているようです。

長澤まさみのスタイルキープの食事法

長澤まさみさんは何年間もグルテンフリー生活を続けています。

グルテンフリーとは

小麦、大麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種がグルテンで、小麦粉からできた食品を摂取しないダイエット法です。

グルテンはパン、ホットケーキ、パスタ、ピザ、シリアル、ケーキ、クッキーなどの食品に多く含まれています。

ダイエット効果はもちろん美肌効果もあると言われています。

モデルのミランダ・カーが「健康のためにグルテンフリーの食事をしたことで美しく痩せた。」と話題になったのは有名なお話です。

長澤まさみさんも長く実践しているのですが、ストイックになりすぎず、ゆるめのグルテンフリーで続けられているようです。

実際のお料理ですべてのグルテンを抜こうとすると、ハンバーグや唐揚げなどの揚げ物、麺類にも小麦は使われているため、かなり不便なことがおこります。

そこで長澤まさみさんは、「主食だけグルテンフリーする。」「週一回は主食に小麦粉が入ってもいいメニューにする。」などといった独自の方法でゆるめのグルテンフリー続けられています。

ゆるめのグルテンフリーを続けることにより、高カロリーなものを減らすことができ、意識をすることで、食生活も和食中心になったりしますので効果も上がります。

グルテンフリーの食事を取り入れ、ダイエットをしている女優さんやモデルさんも年々増えてきていますよね。

グルテンフリー以外にも長澤まさみさんは、食べたいものは我慢しないで食べて、摂取しないといけない時はグルテンフリーにするなど、バランスを取る食事を意識しているようです。

長澤まさみ、好きなものは我慢しない

長澤まさみさんは有名なお肉好き。

健康のために低脂肪高タンパクのささみも食べますが、お肉が好きだから、牛肉から馬肉までいろいろなお肉をたっぷりと食べているそうです。

食事制限はしないという長澤まさみさんの、「お肉が大好きだから我慢せずに食べる。」ということもストレスになることなく、日頃のゆるめグルテンフリーを続ける秘訣なのかもしれませんね。

長澤まさみの間食

長澤まさみさんは食事の制限ではなく、食べるものを選んでゆるグルテンフリーを続けている中、「間食はしない。」という制限はありません。

間食をする時も体に良いものを選びます。

お仕事が忙しい時や、時間通りに食事ができない時に、間食のおやつとして食べていたのが梅干しです。

梅干しには、新陳代謝アップや便秘を解消する力があるため、体質改善しながらダイエットもできます。

今ではドライフードの梅干しや、ハチミツ味など色々な梅干しが出回っているので好みのものが見つけやすいですね。

長澤まさみ、スタイルキープで意識していること

体温を上げると

人間は体温が1度上がると代謝が12~13%上昇し、免疫力もアップするといわれています。

また、脂肪を燃やす力も上がり、痩せやすい体質になるともいわれています。

体を常に温めるようにすると血液の流れが良くなり、むくみ解消や、肌荒れ予防の効果があります。

長澤まさみさんはこの効果の活用で、シナモン、生姜などを入れた体を温めるスープをよく飲んでいます。

発汗作用や血流を良くする働きがある為、代謝をあげるにはとても効果的な食材です。

このことから長澤まさみさんは、食べ物から体質を改善し、痩せやすい体を作る努力をされていることがよくわかります。

長澤まさみ、白湯にハマる

長澤まさみさんの以前のコメントに「白湯にめちゃくちゃハマってしまって、今まで冷たいものをよく飲んでいたのに飲めなくなっちゃったほど好きなんです。」と言われていたことがあります。

白湯ダイエット

海外のブランドのモデル達の間で取り入れられているダイエット法で、消化促進や体をクリーニングしてくれる効果、活力を与え気分を高める効果があると言われているのもです。

長澤まさみさんは日々運動もされているので、より効果を高めるために、白湯を飲んでいる様子。

運動の30分前くらいに飲むと、体が温まり代謝アップし、白湯は運動の効果を高める作用もあると言われています。

朝、目が覚めて一番に白湯を飲むのも体にとってとても良いと言われていますよね。

長澤まさみさんは積極的に体に良いことを取り入れて日々過ごしているんですね。

長澤まさみ、スタイルキープのダイエット法

以前、初のミュージカル「キャバレー」での長澤まさみさん。

手足が長くグラマラスな姿は、ドラマや映画では中々見ることができませんが、これだけの露出で美しいスタイルを見せれる長澤まさみさんのライフルーティーンは?

長澤まさみ、毎日鏡でチェック

鏡ダイエット法

モデルや女優、海外セレブの間でもブームになった方法で、家の至る所に鏡を置く。

自分の身体を360°どの角度でもチェックしやすい位置に置き、鏡で自分の姿を細かくチェックする。

自分の体型を日々チェックすることで意識を高められるダイエット方法です。

また、全裸で過ごしていると体型の変化がよくわかり、ダイエット効果が得られるそうです。

長澤まさみさんは、お部屋の中に何枚か鏡を置き、お風呂上りに必ず全裸で自分の体を隅々までチェックしているそうです。

そして、なるべく家にいる時は何も着ないで過ごし、服を着た時よりもリアルな状態を常にチェックすることで、より意識を高めるているとのこと。

これは「女優」というプロ意識の観点ですね、お仕事に真剣に向き合っている姿がすばらしいです。

長澤まさみは体型維持にトレーニング

幼少期にジャズダンスやバレエを習っていたとがある長澤まさみさん。

体を動かすのが好きなので、日々のトレーニングは苦にならないそうです。

激しいアクションの「キングダム」楊端和役も様になっていてカッコよかってですよね。

長澤まさみ毎日ストレッチ

適度な運動を心がけけている長澤まさみさんは、お風呂上りに30分のストレッチとリンパマッサージをしています。

お風呂上がりの温まった身体は血液やリンパの流れが良くなっています

その作用を活かしてマッサージを20~30分ほど、必ずするようにしているとのこと。

手脚がキレイでスタイル維持の理由は毎日の積み重ねなんですね。

以前のインタビューで「美脚のためにどんなケアをしていますか?」との質問に、

「ピラティス、ウオーキング、毎日のストレッチと、普段からヒールを履くこと」とすかさず答えていました。

実践して努力しているからこその即答ですね、素敵です。

長澤まさみがやってるピラティスって?

ピラティスは代謝が上がり痩せやすい体を作り上げる運動法。

ハリウッド女優のキャメロンディアスやエマワトソンも取り入れている運動法です。

ピラティス

ピラティスは姿勢がよくなり、ボディラインが変わるスペシャル・メソッド。

ハードな有酸素運動やウエイトトレーニングとはことなり緩やかなインナーのトレーニングになります。

基本的には体幹を鍛える筋トレが中心。

たるみを防ぎ、プロポーションや姿勢を維持・改善することに大きく役立つ運動法。

長澤まさみさんも、スタイルキープにピラティスを取り入れています。

健康効果もあり、維持、改善の効果もあるピラティスを続けることで今のスタイルを維持されているのでしょう。

まとめ

長澤まさみさんのスタイルキープの秘訣をまとめると、体に良い事を続けることですね。

食事ダイエットも極端なものではなく、好きなものも我慢しない。

体は温めることを意識して、適度な運動。

自分の体と向き合う時間を作ることはダイエットをしていく上でとても大切です

無理なく体を動かす習慣がつけば体型管理にもなり健康にも繋がります。

できることからはじめてみるのも良いかもしれませんね。