芸能

上白石萌音頭いいけどきらい!演技うまいの?性格はどう?なぜ人気?

2020年に入って早々、大ブレークドラマになった「恋はつづくよどこまでも」。”心わしづかみみ・胸キュン・キュン死”などの用語が飛び交い、佐藤健さんの相手役ヒロインを演じたのが上白石萌音さんです。

「頭がいいけどきらい。」などの声もあり、演技、性格、人気の理由についても調べてみました。

上白石萌音は頭がいい

上白石萌音プロフィール

上白石萌音(かみしらいしもね)1998年1月27日生
鹿児島県出身/身長152cm/血液型AB型/東宝芸能所属
趣味/読書・音楽(歌う、聞く、踊る)

中学生の時は鹿児島から東京に通い芸能活動をする。
高校入学と同時に上京・実践学園高等学校入学・卒業
偏差値65.0の明治大学・国際日本学部 国際日本学科入学

明治大学はなかなか現役での合格は難しいようで、浪人されてる方も多い大学です。そこに芸能活動をしながら一発合格している白石萌音さんは、お仕事と勉学をしっかりと両立されていたのでしょう。

英語検定2級、スペイン語検定6級の資格を持っていて、お父様の仕事の関係で小学3〜5年生の3年間、メキシコに住んでいたので語学も堪能です。

そして上白石萌音さんは暗記力に優れ、長いセリフを覚えるのが得意。セリフシーンではほとんどNGがないのは有名なお話です。

話題になったもう一つが「字」です。上白石萌音さんはとても字がきれいです。ご自身のインスタグラムにも、よくお手紙を載せていて「こんなに字がきれいならまちがいなく頭がいいだろう。」などとファンの方からコメントされています。

お仕事と勉学の両立を見事にされていますね、明治大学の方はまだ卒業された様子がないので在学中のようです。

上白石萌音演技うまい?

上白石萌音さんは小さい頃から歌ったり、踊ったりするのが好きで小学校1年生から地元鹿児島のミュージカルスクール「マリアミュージカルアカデミー」に通っていました。中学1年生で第7回「東宝シンデレラオーディション」を受け、審査員特別賞を受賞するのですが、デビューしてからの活躍が目覚ましいです。

◯2011年第7回「東宝シンデレラオーディション」で審査員特別賞を受賞
◯2011年9月映像作品でデビュー
◯2011年11月NHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」でドラマデビュー
◯2012年ミュージカル「王様と私」で舞台デビュー
◯2012年「おおかみこどもの雨と雪」で声優デビュー
◯2014年映画「舞妓はレディ」では800名の中から選ばれ初主演
この映画では周防正行監督から”平成のオードリーペップバーン”とまで言われるほどの演技力を見せる。
●第38回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞
●第26回山路ふみこ新人女優賞受賞
●第19回日本インターネット映画・ニューフェイスブレイク賞受賞
●第19回日本インターネット映画・ベストインパクト賞受賞
●2014年12月「みえない雲」舞台初主演
●2015年ミュージカル「赤毛のアン」主役
●2016年「君の名は」ヒロイン役声優
●2017年「ホクサイと飯さえあれば」連続ドラマ初主演
●2018年映画「羊と銅の森」初主演
●2020年ドラマ「恋はつづくよどこまでも」連続ドラマ初主演

小さい頃からミュージカルスクーに通っていた成果でしょうか?デビューから着実にお仕事をこなし、3年目には周防正行監督から”平成のオードリーペップバーン”と言われています。

これはもう見ている私たちが「演技うまいの?」と言うまでもなく、大物監督がオードリーペップバーンと言うのですからまちがいないですね。

それだけにとどまらず、2015年にはアカペラによるYouTubeを開設しライブハウスでライブ活動も始めています。

2016年には声優を務め大ヒットした「君の名は」の主題歌『なんでもないや』で歌手デビューを果たしています。そしてこの動画の再生回数は11956146回、その他の歌動画、上白石萌音さんのYouTubeはすごい再生回数になっています。

上白石萌音性格はどう?

上白石萌音の性格は業界でも良いと評判のようです、ファンの皆さんはすでにご存知のようで、ことあるごとにコメントされているのが見られます。

萌音ちゃんは人の悪口ほんと言わないみたいで役で悪口言う場面があって蕁麻疹できるくらいって……めちゃくちゃいい子。出来る子こそ謙虚。上白石萌音さん、目で見て分かる腰の低さ相手を立てられる人の良さなんて素敵な人。礼儀正しい素敵な人だなぁと思った。この子本当にいい子なんだなと思う。かわいくて、歌上手くて、演技上手くて、声綺麗で、礼儀正しくて完璧やん。真っ直ぐで素敵な人。真面目で謙虚ってイメージで嫌味がない。

「恋はつづくよどこまでも」で共演した佐藤健さんもこのようにコメントされています。
「普段からこんなにで自然体です。彼女はどこにいても安心感があって、しっかりしていて頼りになりますし、一緒にいてすごく楽。」

性格のお話しをされているのではありませんが、性格が良いからこそこのように感じるんでしょうね、佐藤健さんに言われるなんて羨ましすぎますね!ではなぜ「きらい」と言われるのでしょうか?

上白石萌音頭いいけどきらい

ファンの方のコメントにもあったように「かわいくて、歌上手くて、演技上手くて、声綺麗で、礼儀正しくて完璧」でも嫌われてしまうのはどうしてでしょう。

きっと佐藤健さんでしょう、「恋はつづくよどこまでも」のようにしてほしい女性が胸キュンになり、良いという人もいればヤキモチを焼く人もいます。

そして上白石萌音さん、過去の共演者もイケメンばかりです。「溺れるナイフ」では菅田将暉さん。

「君の名は」では神木隆之助さんで、過去には横浜流星さん・杉野遥亮さん。


そして「陸王」」「羊と銅の森」では山崎賢人さん。

こんなにイケメンたちとの共演が多いと、女性ファンには嫌われてしまうかもしれませんね。上白石萌音さんは演技力があり役柄を演じているのですが、リアルに見えすぎて嫉妬心が出てしまうのかもしれません。

上白石萌音人気の理由

上白石萌音さんのことをいろいろ調べてみました、そしてファンの方も言われています。

このようにどんどん引き込まれる魅力があるのでしょうね、「謙虚・腰が低い・真面目・素直・優しい」など皆さんが同じように言われるのもなかなかないですよね。

どこか素朴さがある感じも親近感があるそこも人気の理由ですね、あとは佐藤健さんも”安心感”と言われていた画面から感じる雰囲気。歌で引き込まれたファンの方も多いのでマルチな才能も人気の理由でしょう、まだ22歳の上白石萌音さん、これから活躍される姿もまた追いかけたいと思います。